ものづくり講座日記

岐阜県立森林文化アカデミー・ものづくり講座の学生による、日々の活動の記録です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告
∧top | under∨

1年生、グリーンウッドワーク初挑戦!!(1)

後期に入り、ものづくり講座1年では「木工2」の講義が始まりました。

木工2の内容は、
グリーンウッドワークの体験、
丸ホゾ加工を用いたスツールについて学ぶ、です。

今回の講義では、「子供用ウインザーチェア」を作りました。

グリーンウッドワーク、丸ホゾスツール、ウインザーチェアについての説明は次回の(2)の更新で!!


まずは丸太を鋸で切って割るところから始まります!
まさにグリーンウッド!!
グリーンウッドワーク1


万力(まんりき)と言われる高山地方で昔から使われてきた道具を使って真っ二つにします!
グリーンウッドワーク2


割った木を必要な厚さまで削るための「削り馬」!
こうやって並べると、かっこいいっす。。
グリーンウッドワーク3


かっこいい馬に乗って、どんどん削っていきます。
「ひひぃ~ん」ではなく「ガリッガリッ」という音がします。
グリーンウッドワーク4


削るための道具、「せん」です。
生木のみずみずしさを感じます。
グリーンウッドワーク5


しっかり平面出しもします!
グリーンウッドワーク6


これは海外の「南京鉋」です。荒削り用ですが「せん」に比べるとやや細かい削り方ができます。
グリーンウッドワーク7


削った材に「丸ホゾ」加工をします。
グリーンウッドワーク8


この様に丸いホゾのオスが出来上がります。
グリーンウッドワーク9


椅子の背もたれに使うアームを曲げます。
1年生の講義で「曲げ木」は初めてでした。
グリーンウッドワーク10


曲げ木成功!
グリーンウッドワーク12


次に座面の加工へ入ります。今回は檜の板をはぎ合わせて使います。(乾燥材)
グリーンウッドワーク13


図面通りにホゾ加工や背もたれのスピンドルの穴を写し、
グリーンウッドワーク14


この様な定規とドリルで穴を開けます。
グリーンウッドワーク15


穴あけは以外と力が必要で、穴の位置も性格に作るので案外時間がかかりました。
グリーンウッドワーク17


丸い座面通り、バンドソーで切り抜きます。
グリーンウッドワーク18


次に、自分の好みの深さと形を「四方反り鉋」でガンガン削っていきます!
座刳りはとても気合いが必要な作業です...
グリーンウッドワーク19


まだまだ...
グリーンウッドワーク20


きれいに仕上げるために「南京鉋」と折れた鋸を再利用した「スクレーパー」を使い、
水引をして
グリーンウッドワーク21


サンドペーパーでツルッツルに仕上げました!
檜のいい匂いとこの触り心地はたまりません!
グリーンウッドワーク22


この後は、座面と同じように足や背もたれのスピンドルやアームを仕上げ、組み立てに入ります!
出来上がりまで少々お待ちください!


グリーンウッドワーク、面白いです!
ぜひ皆さんも体験してみてください!いろんな可能性を秘めていると思います。


ものづくり講座1年 えん
別窓 | 授業・実習 | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨
<<飛騨高山 文化産業フェスティバルに参加しました!! | ものづくり講座日記 | 漆塗装の実習>>

この記事のコメント

∧top | under∨
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

∧top | under∨
| ものづくり講座日記 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。